2日、イングランド・プレミアリーグのエヴァートンは「ペリーから17歳のDFマッティ・ファウルズを獲得した」と公式発表した。

マシュー・コリン・ファウルズ、通称“マッティ・ファウルズ”は1998年生まれの17歳。5歳からベリーの下部組織で育成されてきたディフェンダーで、2月にプロ契約を結んだばかり。

リーグではまだ出場経験がなく、キャピタルワン・カップのレスター戦、ジョンストンズ・ペイントトロフィーのアクリントン・スタンリー戦でプレーしたのみである。

左利きのディフェンダーで、本職はセンターバックであるがサイドバックもこなすという選手であるとのこと。

既にエヴァートンのU-18、そしてU-21ではトライアル入団中に出場しており、11月には既に両者が合意していた。今回それが正式に決定し加入が発表された形だ。

移籍金については非公開となっている。