リーグアンのニースでプレーしているアテム・ベナルファ。

その活躍が認められ昨年11月にはフランス代表にも復帰を果たしていたが、新年早々魅せてくれた。

クプ・ドゥ・フランスのレンヌ戦、味方からのスローインをトラップしたベナルファはレンヌの選手たちに囲まれながらも流石のボールコントロールを披露!

一人二人とかわして行き、最終的には相手五選手を一人で料理して見せた。

結果的にシュートをミスしゴールにはならなかったが、それでもベナルファのポテンシャルを証明するに相応しいプレーであった。

なお、試合は1-1で終了し延長戦へと突入。113分に逆転されるも試合終了間際にベナルファがPKを成功させ、試合の行方はPK戦へ。しかし接戦の末ニースは敗れ、クプ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグカップ)に続きPK戦での敗退となった。