レスターの躍進を支えるFWジェイミー・ヴァーディ。

先週末に行われたボーンマス戦ではこんなシーンがあった。

0-0で迎えた26分、レオナルド・ウジョアからの強烈なキックがヴァーディの元へと飛ぶ。

これをヴァーディはしっかりと足元で抑え、巧みなタッチでコントロール。最終的にはサイモン・フランシスに何もさせない形でシュートへと運んだ。

別アングルから見てみよう。

ウジョアからのパス(あるいはシュートミス?)は強烈であり、手前でバウンドしていることからかなりコントロールが難しかったはずだ。

しかし、ヴァーディはまるでデニス・ベルカンプのような落ち着きでボールをしっかりと収め、決定機を演出したのだった。

結局このシュートはゴールにはならず、現地ではそのシュートミスが注目されてしまっているのだが、ヴァーディの好調ぶりがよく分かるようなタッチであった。