昨年、破たんしたパルマとの契約を解除していたアントニオ・カッサーノ。

半年近く無所属の状態が続いていたが、この夏古巣であるサンプドリアに復帰しており、お馴染みである背番号99をつけて再びピッチで躍動している。

そんなカッサーノは5日、ジェノアとの“ジェノヴァダービー”に出場。

試合はヴィンチェンツォ・モンテッラ率いるサンプドリアが3-2と勝利するのだが、カッサーノはその全得点に絡んで見せた。

18分:ロベルト・ソリアーノ

39分:エデル

【次ページ】最後のアシストはカッサーノらしい優しいパス