5日、アーセナル・レディースは「リヴァプールからイングランド代表MFファラ・ウィリアムズを獲得した」と公式発表した。

ファラ・ウィリアムズは1984年生まれの31歳。チェルシー・レディースの下部組織出身であるが、チャールトンやエヴァートンで名を上げ、2012年からリヴァプールでプレーしていたMFである。

2001年から名を連ねているイングランド代表では146試合に出場し40ゴールを決めるなど、同国最多キャップを記録している名選手である。

昨年行われた女子ワールドカップ・カナダ大会の決勝トーナメントでは日本代表と対戦し、その際にはペナルティキックでゴールも決めていた。

リヴァプール・レディースでは2013年、2014年とリーグ2連覇に貢献する活躍を見せていたが、先日クラブを離れ、アーセナルに移籍することを宣言していた。

2014年には近賀ゆかりと大野忍が所属していたことで知られるアーセナル・レディースは、これまで12回のリーグ優勝を経験している強豪。2014年にはカップ・ダブルも達成したが、リーグではこの5年間他チームの後塵を拝してきた。