ブラジルのポータルサイト『UOL』は5日、「ドゥンガ監督はリオ五輪にネイマールと2人のお気に入りを選ぶ」と報じた。

今年8月、リオで開催される五輪で悲願の金メダルを目指すU-23ブラジル代表。同チームをA代表と兼任で指揮するドゥンガ監督は、23歳以上のOA(オーバーエイジ)枠に、A代表の主将ネイマール(バルセロナ/ESP)、DFミランダ(インテル/ITA)、GKアリソン(インテルナシオナウ)の3人を考えているのだという。

五輪は前回大会まで23歳以下の選手に関しては招集の強制力がある一方、OA枠の選手には拘束力がなかった。さらにFIFAは昨年、リオ五輪は23歳以下の選手にも拘束力がなくなることを確認しており、例年以上に各協会とクラブ間の折衝が難しくなるものと予想される。

ネイマールは前回大会で金メダルを逃しており、自国開催の五輪に参加を希望する意思を表明している。ただブラジルはA代表が6月にコパ・アメリカ100周年記念大会に出場するため、8月に開催される同大会への参加にバルセロナ側が難色を示す可能性がある。

また、守備陣の経験不足を補うことを目的として名前が挙がっているミランダとアリソンを揃えるのも容易ではない。特に後者は噂されるローマ移籍が実現した場合、招集が難しくなるだろうと『UOL』は指摘している。