『FourFourTwo』は「元フランス代表DFエリック・アビダルは、ペップ・グアルディオラ監督が2試合目の後に怒りを表したことを回想した」と報じた。

かつてバルセロナで長くプレーし、グアルディオラ氏がやってきた当時にその指導を受けたことで知られるエリック・アビダル。

グアルディオラがバルセロナにやってきた当初の状況について以下のように語り、彼も他の監督と同じように怒っていたと話した。

エリック・アビダル

「もちろん、私は彼が怒っているのも見たよ。あらゆるコーチと同じようにね。

彼の最初のホームゲームの後だ。ラシン・サンタンデール戦の後、彼はドレッシングルームでミーティングに選手を呼び出した。

我々は最初のアウェーゲームに敗れた。ヌマンシアでね。そしてカンプ・ノウで引き分けていた。

グアルディオラは言ったんだ。

『見ろ、野郎ども。我々はプレシーズンで努力してきた。しかし君たちは私のプランを信じなければならない。もしリーガを、そしてチャンピオンズリーグを勝ちたければな』とね。

それからチームはグアルディオラが求めるプレーをした。最初、彼はエゴや変化に抵抗する勢力と直面した。

選手は彼らが求めるプレーをしたかったわけだが、最初のミーティングの後に全てが変わった。我々はその後のヒホン戦で6-1と勝利したんだ。

朝の8時から夜の8時までグアルディオラはトレーニングセンターにいたよ。新しい戦術を求めていたし、細かいところまで計画した。

それこそ、彼が成功を収めた大きな理由だ。彼はバルサに違ったアイデアを与えた。彼は言ったんだ。

『ボールを持ってプレーし、パス、パス、パス。タッチ、タッチ、タッチ。そして最後の30ヤードで違いを作れ』と。