『blick』は「オットマー・ヒッツフェルト氏は、ジネディーヌ・ジダンがレアル・マドリーの監督に就任したことを狂気だと話した」と報じた。

かつてボルシア・ドルトムントやバイエルン・ミュンヘンで指揮を執ったことで知られている名監督ヒッツフェルト氏は、現在は現場から離れてスイスに戻っている。

彼は今回レアル・マドリーが行った監督交代劇について「フロレンティーノ・ペレス会長がクラブの周りの状況を鎮めるためにやったこと」と話し、宝くじのようなものだと主張した。

オットマー・ヒッツフェルト

「ジダンについて言えば、それは宝くじのようなものだ。狂気だ。クレイジーな決定だ。

彼は監督としてはありとあらゆる経験を欠いている。唯一、選手としての華々しい名前の上に生きている状態だ。

私から見れば、クラブの周りの状況を鎮めるためにフロレンティーノ・ペレスが行った試みだと思う。

ジダンはスタジアムで歓迎される。それは確かにクラブを後押ししてくれるだろう。しかし、そこから持続可能なのかどうか、それが見られていくだろう。彼は繊細なタスクを持っている。

バルセロナに4点を取られて敗れた。アトレティコからも後れを取っている。プレッシャーは大きいよ」

「私は懐疑的だ。論理的に言ってね。彼は監督として何も証明していない。そして今、彼は世界で最高のスターたちを管理しなければならない。

レアル・マドリーはフェラーリのようなものだ。紳士的にならなければならないし、完璧が求められる。これは非常に困難な作業だ。良い方向に進むことを願っているが」