バルセロナのレジェンドであるアル・サッドMFチャビ・エルナンデスが恩師であるジョゼップ・グアルディオラが常にイングランドで働くことを望んでいたと語った。

今シーズン限りでのバイエルン退団が発表されたグアルディオラ。来季はマンチェスター・シティの指揮官になると予想されているが、バルセロナ時代に栄光をともにしたチャビはグアルディオラがイングランドで働くことを望んでいたと語っている。

チャビ・エルナンデス
(アル・サッドMF)

「バルセロナにいた頃、僕らは常にプレミアリーグについて話していたよ。チームのクオリティに。選手、試合スピードなどについてのリスペクトだね。彼(グアルディオラ)がいた頃もそうさ。いつの日かイングランドで指揮を執ることは彼の夢のように思えたよ」

「バルセロナとバイエルンにおいて彼のチームが示したプレーのやり方からすれば、ファンが楽しめるという哲学を持ったサッカーを行うことは明らかさ。だが、ペップはそれを超えるだろう。無論、彼は完璧主義者だが、選手たちに聞けば、彼がクラブで家族のような雰囲気で話をすることがわかるはずさ。彼が選手たちからどれほど総合的な信頼を得ているかをね」