今季プレミアリーグに昇格したワトフォードで活躍を続けるナイジェリア人FWオディオン・イグアロについての話題を『sky sports』などが伝えている。

昨季からワトフォードでプレーするイグアロは26歳。2部で20ゴールを叩き出したストライカーは今季もすでに14ゴールをマークしており、得点ランクで堂々の3位につけている。

今季一気にブレイクし、ビッグクラブからも狙われているとされるイグアロ。

ワトフォードはいかなる状況でも売らないという意思を持っているようだが、本人には意中のクラブがあるようだ。なんでも幼少期からマンチェスター・ユナイテッドのことが好きだそうで、もし1月にオファーがあった場合は“夢の移籍”を断るのは難しいだろうと述べたという。

イグアロは『The Sun』に対し、こう明かしたとのこと。

オディオン・イグアロ(ワトフォードFW)

「スペインとイタリア(への移籍)の噂があるね。でも僕はそこではプレーしたし、今はイングランドでやりたい。

自分が移籍するだろうとは思っていないけど、ユナイテッドから請われたらノーと言える確証はないね。

成長期に自分の(好きな)チームだったんだ。アンディ・コールとドワイト・ヨークをテレビで見るのが大好きだった。

2人は僕のアイドルだったし、オールド・トラッフォードでプレーすることをずっと夢見ているんだ」

イグアロは昨年9月にワトフォードと2020年までの新契約を結んでいる。