レアル・マドリーのポルトガル代表DFペペの言葉を『Marca』が伝えている。『SoloPorteros』のインタビューで語った話だという。

それによれば、守るのが最も難しいFWについて問われると、間髪入れずにこう答えたそうだ。

ペペ(レアル・マドリーDF)

「僕は幸運だよ。毎日最高の相手と練習できるんだからね。

毎日クリスティアーノ(・ロナウド)相手に守備することは、彼以外の相手とプレーする準備をするために役立っているよ」

最も手強い相手として、代表でも同僚であるロナウドの名前を挙げたペペ。

彼はかなりラフな選手として認知されているが、この5年間でレッドカードを受けたのは実は1度だけ。自分は変わったとも述べたそうだ。

「僕は変わったし、この10年ほどでかなり進歩したよ。今では自分のことを、落ち着き成熟した選手たと見ている。

少し前には過ちも犯し、謝った。自分は変わると約束したし、スタッツが変わったことを示しているよ」