8日、『BT Sports』は「アーセン・ヴェンゲル監督は、エジプト代表MFムハンマド・アル・ナーニーの獲得交渉が複雑になっていると話した」と報じた。

現在バーゼルからアル・ナーニーの獲得が近づいていると言われているものの、エジプトのFIFAランキングが低いために労働許可証が発行されない可能性があると報じられている。

既に移籍金については730万ポンド(およそ12.7億円)程度で合意されていると言われていながら、この数日動きがない状況となっている。

サンダーランド戦に向けたインタビューに答えたアーセン・ヴェンゲル監督は以下のように話し、状況が複雑になっていることを認めた。

アーセン・ヴェンゲル

「(選手獲得の噂は?)

それは少し複雑になっている。しかし、我々はそれに向けて懸命に働いている。上手く行けば、次の2~3日でそれを完了させられるだろう。

私は何も除外していない。しかし、彼は現時点で不足しているポジションに加えられる契約の少なくとも1つにはなるだろう」

「(アレクシス・サンチェスの怪我の状況は?)

明日チームに入れるのは無理だが、そう遠くはない。早ければリヴァプール戦で、おそらくストーク戦では使えるだろう。

誰もが先週から使えるようになっている。ミケル・アルテタも行ける。そして、火曜日のU-21で45分プレーしたので、今後選択していけるだろう」