『ESPN』は「パリ・サンジェルマンのローラン・ブラン監督は、アンヘル・ディ・マリアの適応を賞賛した」と報じた。

9日にバスティア戦を控えていたパリ・サンジェルマン。ローラン・ブラン監督は試合を前にした記者会見に臨み、ここまで大活躍を見せているディ・マリアを賞賛した。

夏に6300万ユーロ(およそ80.7億円)でマンチェスター・ユナイテッドからやってきたディ・マリアは、前半戦だけで6ゴール9アシストという好成績を残した。

大きな移籍金の価値を証明しているディ・マリアについて、ブラン監督は「非常に早く適応した」とコメントしている。

ローラン・ブラン

「(アンヘル・ディ・マリアが適応できない可能性もあった?)

それは非論理的なことではないね。新しい外国人選手がこの国に到着した場合、その場所のことを知らないし、言葉も分からない。それは簡単なことではないよ。

従って、私はディ・マリアの適応はとても良かったように見える。そして、それには数人の南米人選手の助けもあったのだろう。

ただ、正直に言って、パリという街、そしてフランスのメンタリティが彼に合っているのだと思うよ。それは彼も良く私に言っていることだ。

彼の適応は、マンチェスター・ユナイテッドの時よりもかなり速くなっていると思う。例えばね。様々な理由によって。

もう少し言語をマスターすれば、彼はもっとピッチで輝けるし、毎日の生活も良くなるだろう。シーズンの後半戦では、前半よりももっと良くなるだろう」