リーガ第19節、バルセロナはグラナダを4-0で撃破した。

新戦力アレイシ・ビダルがバルサでのリーガデビューを果たしたカンプ・ノウでの一戦ではリオネル・メッシがハットトリックの活躍を見せた。そして、ダメ押しとなる4点目を決めたのはネイマールであった。

マスケラーノ、ブスケツ、イニエスタを温存した試合でもあったが、終わってみればバルサが力の差を見せつけた形となった。

▼8分 メッシ(1-0)

▼14分 メッシ(2-0)

【次ページ】ネイマール弾をアシストしたのはスアレスの絶妙スルーパス!