『Gazzetta dello Sport』は「前ACミラン監督のフィリッポ・インザーギ氏は、クールマイユールでの休暇中に激しい腹痛に襲われ病院に運ばれた」と報じた。

昨年夏にACミランを解任されたインザーギ氏は現在フリーエージェントの身で、様々な試合を観戦に訪れているほか、多くのチャリティーイベントに関わっている。

先日はフランス・リーグアンのリヨンとの関連が噂され、実際にウベール・フルニエ監督は解任された。しかし、今季終了まではアシスタントによる暫定的な政権が敷かれることが決定していることから、インザーギ氏が就任する可能性はなくなっている。

記事によれば、インザーギ氏は先日からイタリア有数の山岳リゾート地として知られるクールマイユールで休日を過ごしていたとのことであるが、そこで激しい胃の痛みに襲われたという。

パリーニ・ディ・アオスタ病院に運ばれたインザーギ氏はいくつかの診察を受けたが、重い病気については発見されず、消化器系の部門に移されたとのこと。

幸いなことにその後すぐに症状は改善されており、インザーギ氏は既に休暇に戻っているようだ。