長谷川アーリアジャスールは昨年、スペイン2部レアル・サラゴサへと移籍。

加入当時にチームを率いていた“恩師”ランコ・ポポヴィッチ監督は昨年末にチームを去っており、現在はルイス・カレーラス氏が新監督に就任している。

そんなサラゴサの長谷川だが、仲の良いチームメイトがいるようだ。

現在サラゴサにはアジア国籍の選手はおらず、英語圏を出身とする選手もいない。そんなチームで長谷川がよく一緒にいるのが、コロンビア人MFのフレディ・イネストロサだ。

1990年4月5日生まれのイネストロサは25歳。コロンビアのエキダからのローン移籍中であり、長谷川と同期加入。そうしたことも影響してか長谷川はInstagramで「兄弟」と紹介し、よく写真を投稿しているのだ。

新年の乾杯も一緒。

@freddy_hinestrozaが投稿した写真 -

イネストロサも先日、長谷川との2ショット写真を投稿している。やはり同部屋?