久々の外国人指揮官、スロベニア人のミロシュ・ルス監督とともに2015シーズンの開幕を迎えた横浜FC。

前半戦は9位と好位置につけたが、その直後、24節から31節にかけて不安のあった守備が崩壊し、まさかの8連敗。9月には成績不振および体調不良を理由にルス監督が退任してしまい、後を受けた強化育成テクニカルダイレクターの中田仁司氏のもと最終的に15位でシーズンを終えた。

ただ、ルス監督と横浜FCは元々2年契約を結んでいたこともあってか、体調が完全に回復した53歳の指揮官はこのオフ、チームに復帰。クラブとともに昨季のリベンジを目指す。

なお、昨季16試合出場で3ゴールを決めた、48歳のカズとも契約を更新している。

Yokohama FC 2016 Soccer Junky Home

横浜FCユニフォーム

昨年からSoccer Junkyとサプライヤ―契約を結んでいる横浜FCは11日、2016シーズンに向けた新ユニフォームを発表。

今回のデザインテーマは『エンブレムへの想い』で、厳しい一年となった2015シーズンを糧に、クラブを象徴するエンブレムに描かれたリボン、フェニックス、そして横浜FCクラブメンバーとともに、クラブの持続的な発展をイメージ。どんな時も諦めずに勝利を目指して挑戦し続ける強い気持ちを表現している。

横浜FCユニフォーム

シンボルといえるエンブレムの透かしに加え、両袖に大きなSoccer Junkyのロゴが追加されている点も注目だ。

【次ページ】アウェイは白!