世界的ミュージシャンであり、俳優であったデヴィッド・ボウイ氏が亡くなった。

多くのミュージシャンに影響を与えた偉大な人物とあって、各方面から哀悼の意を表するコメントが寄せられている。

そのボウイ氏死去について、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督も言及した。

メスト・エジルをミュージシャンに例えたこともある指揮官はボブ・マーリー好きだということを明かすなど音楽への造詣も深い。

アーセン・ヴェンゲル(アーセナル監督)

「私は彼の音楽のファンだ。

第二次世界大戦の後、彼が私たちの世代に与えたメッセージは非常に重要なものだった。

私が心に留めおいているのは、彼の哲学的なメッセージだ――自分自身であるために強くあれ」

69歳で亡くなったボウイ氏は1947年にロンドンで生まれた。一方、49年生まれのヴェンゲルは現在66歳。2人は同世代といえる。