この冬の移籍市場において、多くのクラブが狙っているとされるアレシャンドレ・パト。

26歳のブラジル人FWの獲得レースを制したのはリヴァプールだと、『dailystar』が伝えている。

イタリア人ジャーナリストからの情報としつつ、すでにコリンチャンス側と合意していると報じている。パトはアンフィールドへ向かうために、中国からのメガオファーを蹴ったという。その移籍金は1100万ポンド(18.7億円)ほどになるとされているが…。

いきなり浮上してきた感のあるパトのリヴァプール移籍。多くの怪我人に見舞われている同クラブは守備陣の補強が叫ばれており、真偽のほどは果たして…。続報を待ちたい。