現在大きな話題になっているジェフ千葉の動き。実に23名もの選手がチームを離れることになり、プレシーズンの始動を前に大きな変革が行われている。

Qolyでは以前ブラックプールの選手が8人しか残らなかったことでシーズン開始すらも危うくなっていたという記事を掲載した。

しかし、実はポルトガルリーグで28名、冬移籍を加えれば31名中4名しか残らなかったクラブがある。それが2009-10シーズン前のヴィトーリア・セトゥバウだ。

この街出身のジョゼ・モウリーニョがファンであることで知られているクラブであるが、近年はリーグでも常に残留を争わなければならない立場。

2008-09シーズンは30試合を戦ってわずか21点しか取れず、降格圏まであと1つという14位(エストレラ・アマドーラが破産したため、最終的には15位のベレネンセスまで残留しているが)に沈んだ。

それを受けてクラブは大きな変革を決断し、次々と選手を放出していった。この取り引きのデータには各所ユースの扱いが違うことからバラツキはあるが、『Transfermarkt』によれば2008-09シーズンの選手の去就は以下のようになっている。

GK:

  • ブルーノ・ヴァレ(→ポルトへローンバック)
  • ペドロ・アウヴェス(→ピニャルノヴェンセ)
  • パヴェウ・キシェク(→ブラガへローンバック)
  • ニコラ・ミロイェヴィッチ(→無所属)

DF:

  • マルコ・ゾロ
  • ロブソン(→マリティモ)
  • ウーゴ(→ベイラ・マール)
  • アウリ(→コヴィリャン)
  • アンデルソン・ド・オー(→AEPパフォス)
  • アンドレ・マルケス(→スポルティングにローンバック)
  • アリ・シソコ(→ポルト)※2009年1月
  • ジャニシオ・マルティンス(→アノルソシス)
  • ミシェウ(→イトゥンビアラ)
  • フィリペ・ブリゲス

MF:

  • サンドロ
  • エリアス(→ウニオン・レイリア)
  • リカルド・シャヴェス(→リオ・アヴェ)
  • ダニーロ・ポルトガウ(→ゴイアスにローンバック)
  • ブルーノ・リベイロ(→シャヴェス)
  • レアンドリーニョ(→ポルトにローンバック)
  • マテウス・ボルジェス(→グレミオ・アナポリスにローンバック)
  • パウロ・レグラ
  • ブルーノ・ガマ(→ポルトへローンバック)

FW:

  • ライオネウ(→グレミオ・アナポリスにローンバック)
  • ブルーノ・モラエス(→ポルトへローンバック)
  • ジョエアーノ(→エルミス・アラディポウ)
  • レアンドロ・ブランコ(→クリシウーマ)
  • レアンドロ・カリージョ(→南華足球隊)
  • モイゼース(→セルタネンセ)
  • キム・ビョンソク(→モンテディオ山形)※2009年1月
  • カルロス・サレイロ(→スポルティングにローンバック)※2009年1月

31名中4名が残っているが、そのうちパウロ・レグラ、フィリペ・ブリゲスは2008-09途中でユースから昇格したばかりの選手だ。

さらにこれだけの選手を放出しているにもかかわらず、セトゥバウはこの夏のマーケットでは全く移籍金収入を得ていない。1月にアリ・シソコで30万ユーロ(およそ3850万円)を得ただけである。

そして結局セトゥバウはどうなったかと言えば……この年27名もの新戦力を獲得して戦いに臨んだが、結局成績は同じく14位と残留を争うことになり、勝ち点も26から25に下がってしまっている。世の中そんなに甘くないようで…。