昨シーズンに三冠を果たし、「世界最強」の名を欲しいままにしたバルセロナ。

今季もすでにUEFAスーパーカップやクラブワールドカップといったタイトルを手にしており、リーガやCLといったコンペティションでも好調だ。

仮に2シーズン連続で三冠を成し遂げられれば、後世に残る快挙となるに違いない。

そんなバルセロナにおける「縁の下の力持ち」と言えば、ユーティリティプレーヤーとして機能しているセルジ・ロベルトであろう。

1992年2月生まれのセルジ・ロベルトは23歳。

バルセロナの下部組織出身で、プレースタイルが似ていることからアンドレス・イニエスタと比較されることもあった。

もともとはセンターハーフが本職であるのだが、やはりバルセロナではポジションを掴むのは容易ではなく、そのユーティリティ性を活かし今季これまで様々なポジションで起用されているのだ。

バルセロナは選手層が厚くない。

そのため昨シーズンはダニ・アウヴェスが負傷した際には右サイドバックで起用され、一昨シーズンにはアンカーポジションも経験した。

スペイン『MARCA』は、今季セルジ・ロベルトはすでに右サイドバック、ディフェンシブハーフ、センターハーフ(左右)、右ウイング、左ウイングの6ポジションでプレーしたと報じている。

そのため、セルジ・ロベルトがプレーしていないのはゴールキーパー、センターバック、左サイドバック、センターフォワードの4ポジションだけということになる。

“MSN”やその他スター選手ばかりに注目が集まるバルセロナだが、好調の陰には困った時に融通の利くセルジ・ロベルトの存在があるのかもしれない。