12日、ニューカッスルと対戦したマンチェスター・ユナイテッド。

ウェイン・ルーニーの2ゴール1アシストの活躍もあり勝利を掴みかけていたが、試合終了間際にポール・ダメットに同点弾を許し、3-3のドローで終えた。

こうしたゲームをモノにできないあたりが最近のユナイテッドなのだが、この試合は内容も芳しくなかった。

そんなチームのパフォーマンスにルイス・ファン・ハール監督も納得していなかったようで、こんなシーンがあった。

1-2とユナイテッドがリードして迎えた55分、アントニ・マルシャルが得意のドリブルで右サイドから突破し、中で待っていたアンデル・エレーラへとパス。

エレーラはさらにこれをダイレクトで逆サイドでフリーで待っていたジェシー・リンガードに渡すのだが…

この決定機をリンガードは外してしまったのだ。

相手との点差はわずかに1点であり、相手GKと1対1という場面であっただけに、アタッカーとしては絶対に決めなければいけない場面。

これを見たファン・ハール監督はベンチの中で激しく叫び、怒りの感情を隠そうとはしなかった。

結局ファン・ハール監督はこの後すぐにリンガードを下げ、メンフィス・デパイを投入している。交代の意図は不明だが、“お咎め”的な意味合いもあったのかもしれない。

ちなみにこのファン・ハール監督、試合終盤にも…

マルアヌ・フェライニがチャンスを外し、この表情。

試合後、ファン・ハール監督は「負けたような気分だ。自滅した」と話し、「とても貴重な勝ち点を失った」と悔しさをにじませた。