『Sky Sports』は「マンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、ペップ・グアルディオラの発言について話した」と報じた。

今季限りでバイエルン・ミュンヘンを退任することが決まったグアルディオラ氏は、先日プレミアリーグに移るのではないかという憶測が流れていることに対して謝罪した。

しかし、グアルディオラの次の職場と噂されているマンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、「別に謝る必要はないよ」とコメントした。

マヌエル・ペジェグリーニ

「何も気にしていないよ。私に対して謝罪をする必要はない。

私は3週間前、4週間前と同じ事を言うよ。将来のことは心配していないんだ。

私はマンチェスター・シティで自分のベストな仕事をしようとトライしている。自分の目標は今季のプレミアリーグを勝ち取ることだ。

全ての大会で最後までタイトルを争い、他の大会でも優勝できるように挑戦していきたい。

もし今シーズンの終わりに何らかの栄光に輝けたならば、私はとても幸せだ。その時、将来について考え始めるだろうね」

「(ヤヤ・トゥレとダビド・シルバが帰ってくる?)

彼らに休みを与えられたのは良いことだ。明日のメンバーには入っている。シルバは100%フィットしているが、おそらく水曜日から土曜日にプレーさせるのはリスクがある。

マンガラは昨日通常のメニューを試そうとしたが、出来なかった。まだ同じような筋肉の痛みを持っている。彼にはもう少し休みを与えるのが最良だろうね。

おなじことはフェルナンジーニョとボニーにも言える。コンパニとナスリももっと長いね。ヴァンサン・コンパニは色々違ったことにトライし、怪我の状態を探ろうとしている。従って、我々は現時点で彼の状況に関する新しい情報は持っていない」