今週ミッドウィークに行われたプレミアリーグの第21節。

アンフィールドでは今節最大のビッグカードであるリヴァプール対アーセナル戦が行われたのだが、ロベルト・フィルミーノが決めたゴールが芸術的だった。

1-1で迎えた19分、ジョーダン・ヘンダーソンがスライディングでボールをカットし、それをジェームズ・ミルナーが一度収めてフィルミーノへとパス。

ボールを受けたフィルミーノは…

ペナルティエリアの少し手前からワンステップでこのシュート!

ボールは美しい弧を描いてゴール右隅へと吸い込まれ、見事な逆転弾となった。これには名手ペトル・チェフもノーチャンス…宙を掴まされた。

なお、試合はこの後乱打戦になり、計6ゴールが生まれる展開になった。サクッと全得点を見てみよう。

【次ページ】試合は乱打戦に!