世界各国で決まった選りすぐりのスーパーゴールを1週間分まとめた映像を紹介!

ウェストハムのディミトリ・パイェットとエンネル・バレンシアが決めた美しいフリーキックなどゴラッソがいっぱい!

そのなかで注目は3:40~から登場するビジャレアルFWセドリック・バカンビュ。

今季ブルサスポルからやって来た、24歳のコンゴ民主共和国代表FWだ。チームトップとなるリーグ8得点(ELでも3点)を叩き出しており、前線の核となっている。

そんな彼について、Qolyの独自データベース情報で補足したい。

Cédric Bakambu、についてのQoly独自情報。

フランスの名門ソショーで育成されたストライカー。スピードとシュート技術に優れる点取り屋。

ソショーでは当初からストライカーとして起用されず、サイドやトップ下のサブとして出場機会を獲得。しかし、2012-13シーズンにストライカーとして覚醒した。

ウイングでの経験が長いため、それなりにクロスなども得意。

出身はフランスで、2010年のU-19欧州選手権ではフランス代表の一員としてガエル・カクタやラカゼットと共にプレー。3ゴールをあげて優勝に貢献すると、2012年のトゥーロンにも出場した。

だが、2015年にコンゴ民主共和国代表へ鞍替えし、フル代表デビューも果たした。