近年、残留争いに巻き込まれることが多いアルビレックス新潟。柳下正明体制4年目で迎えた2015シーズン、やはり1stステージ17位と苦しんだが、2ndステージでの巻き返しに成功し年間順位15位で辛くも残留に成功した。

2016シーズンに向けては、柏レイソル前監督の吉田達磨氏を新たな指揮官として招聘。レオ・シルバ、ラファエル・シルバ、ブルーノ・コルテースのブラジル人トリオと契約を更新したほか、U-23日本代表の鈴木武蔵が水戸ホーリーホックへの期限付き移籍から復帰している。

タイ戦で見事な先制点を決めた鈴木。今季はクラブでも成長した姿を見せてくれるかもしれない。

Albirex Niigata 2016 adidas Home

アルビレックス新潟ユニフォーム

新潟は15日に開催された2016アルビレックス新潟激励会において、2016シーズンの新ユニフォームを発表。

『伝統』と『革新』がコンセプトのNEWモデル、ホーム(1st)は『伝統』カラーであるオレンジを全面に出し、クラブ初となる紺色を新しく採用することで『革新』性を持たせている。

アルビレックス新潟ユニフォーム

ただ、なんといっても目を引くのは、胸の「ハッピーターン」だろう。

新潟のユニフォームといえば、Jリーグに参入した1999年当時から胸の「亀田製菓」でお馴染み。海外で人気のある“漢字”スポンサーの代名詞ともいえる存在だった。

アルビレックス新潟ユニフォーム

それが今季から、幅広い世代で大人気な亀田製菓のお菓子「ハッピーターン」のロゴに。中心選手であるレオ・シルバがハッピーターン好きを公言しており、新契約の内容に含まれているのではと疑わざるをえないタイミングでのロゴ変更となった。

アルビレックス新潟ユニフォーム

背面首元には引き続き「We are ONE」。クラブに関わる全てがひとつになり、勝利に向かって闘い抜くための合言葉だ。

【次ページ】アウェイはなんと緑!