リーグアン21節、PSGのズラタン・イブラヒモヴィッチは敵地でのトゥールーズ戦で決勝点を決めた。

ルーカス・モウラが右からのコーナーを蹴った場面。ダヴィド・ルイスのヘッドはジャストミートしなかったが、こぼれたところにいたのがイブラ!これで頭で押し込みゴールを奪ってみせた。

これがイブラにとって2016年初ゴール。今季リーグアンでは通算16得点目となった。『Opta』によれば、PSGの最近のアウェイ戦8ゴール中6ゴールにイブラは絡んでいるとか(4ゴール&2アシスト)。

PSGは今季リーグ戦ではいまだ無敗(18勝3分)で、2位アンジェとの勝ち点は23ポイントもある。早々とリーグ4連覇を決めてしまいそうな勢いだ。