現在、ロシアリーグは長い冬休み期間中。ゼニト・サンクトペテルブルクはカタールの首都ドーハでトレーニングキャンプを張っている。

そのゼニトのブラジル代表FWフッキがお遊びでやったPKがなかなか面白かった。

守護神ユーリ・ロディギン相手にフッキはスパイクだけを蹴り飛ばすフェイントを披露!

ロディギンが飛んだ方向とは逆のコースに優しくボールを蹴り込みゴールを奪ってみせた。そして、愛用するミズノのスパイクを見せつけるような仕草も。

お遊びであったが、ロディギンはこの野郎!と言った感じでちょっとだけ怒っていた。

このスパイク飛ばしフェイントPKといえば、以前ボタフォゴで先輩選手が新人GK相手にやっていた。ブラジルではお馴染みのテクニックなのかも?