『Telegraph』は「アーセナルは、レスター・シティのチーフテクニカルスカウトを務めているベン・ライグルスワースを数週間のうちに獲得することになった」と報じた。

今季プレミアリーグで旋風を巻き起こしているレスター・シティ。それを支えているのはエンゴロ・カンテやリヤド・マフレズなどこの数年で加入した選手たちだ。

そのスカウトチームの一人であったロブ・マッケンジー氏は、昨年2月にトッテナム・ホットスパーに引き抜かれている。

そして今回さらにベン・ライグルスワース氏もアーセナルへと移ることが決まったという。彼はエンゴロ・カンテ、そしてリヤド・マフレズの獲得に強く関わった人物である。

ライグルスワース氏は現在ガーデニング・リーブ休暇(自宅待機)となっており、上記のように数週間中にアーセナルへの転職を完了させる予定であるとのことだ。

また、レスターのアシスタント・マネージャーで人事部門を統括しているスティーヴ・ウォルシュ氏についても、アーセナルが引き入れを狙っていると報告されている。