先週末のアスレティック・ビルバオ戦で、1ゴール2アシストを記録したネイマール。

得点もさることながらイヴァン・ラキティッチとルイス・スアレスに供給したアシストは素晴らしかった

得点には直結しなかったものの、密かにこんなプレーもやっていた。

2-0で迎えた35分、ネイマールは左サイドに張りフリーになっていた。

それを見たラキティッチはピッチ中央から30mクラスのロングパスを通すのだが、これをネイマールは平然とトラップ。

通常速度のアップの映像で見てみると…

この映像では、ネイマールはただ右足のインサイドでトラップしているように見えるが、そうではない。

ネイマールのトラップ

高速で足をクロスさせ、右足のインサイドでトラップしているのだ!こりゃボールをピタリと止めるのは簡単ではない…。

どんな時でも“魅せる”ことを忘れないネイマールなのであった。