先週末に行われたトルコ1部シュペル・リギのガラタサライ戦で、おもしろいシーンがあった。

場面はシヴァスポルの陣地でガラタサライがスローインを獲得するという場面。

ヤシン・エズテキンからボールを受け取ったヴェスリー・スナイデルがタッチラインに立ちスローインをしようとするのだが、なかなか出す場所が見当たらない…。

そんな時、スナイデルのは背後からこんな声が聞こえてきた。

"Wesley, Selcuk! Wesley, Selcuk! "

Wesleyとはスナイデルのファーストネームであり、SelcukとはガラタサライMFセルチュク・イナンのことである。

そう、このサポーターはスナイデルに対してセルチュク・イナンがフリーであることを教えていたのだ!

この声援を聞いたスナイデルは実際にセルチュク・イナンへとスローインを投げている。そして、観客から"Good Job!(よくやった!)"という声をかけられると、試合中でありながらそのファンにサムアップをして見せた。

結局ゴールにはつながらなかったものの、ファンによるナイスな“アシスト”であった。