『Telegraph』は「元コートジボワール代表DFエマニュエル・エブエは、アーセナルへの復帰を求めている」と報じた。

2005年にベフェレンからアーセナルに加入したエブエ。その個性的なキャラクターからもカルト的な人気を誇りファンに愛された選手であるが、2011年にチームを退団した。

その後はトルコのガラタサライに加入してプレーしていたが、チェーザレ・プランデッリ監督(当時)の構想から外れ、2014-15シーズンの終了と共に契約が満了となっている。

それから半年が経過しても所属クラブは見つかっておらず、現在はフリーエージェントの身だ。

彼は『The SUN』の取材に対して以下のように語り、出来ればアーセン・ヴェンゲルの元に帰りたいと話したという。

エマニュエル・エブエ

「練習のために戻ってきたら、僕は『君はプレーしないだろう』と言われたんだ。会長は、私がいないときに監督へそれを伝えていたんだ。その方法はとてもアンフェアだよ。

我々はオプションを探っている。でも、僕は出来ればアーセナルに戻りたいよ」