このほど、マンチェスター・ユナイテッドとサウサンプトンのU-21チームが対戦。アドナン・ヤヌザイとウィル・キーンの2ゴールで、ユナイテッドが4-0と快勝した。

この試合ではユナイテッドの10番を着けたアンドレアス・ペレイラがこんなプレーを見せていた。

ボックス外でこぼれ球を拾ったペレイラ。リフティングでボールを浮かして、相手を交わすとそのまま左足でボレー!相手GKの好セーブに阻まれ惜しくもゴールにはならなかったが、やっぱりうまい…。

そのペレイラはヤヌザイとのコンビプレーでPKを獲得する場面もあった。

やはりテクニックは本物であり、このレベルではやりたいことをやっている印象。今年20歳になったばかりでまだまだ若いが、トップチームでのプレーももっと見てみたいところだ。