サウジアラビアの国内カップで、目を瞑りたくなるようなショッキングなオウンゴールが生まれた。

2部で最下位に沈むアル・ドライーは名門アル・ナスルと対戦したのだが…

なんでもないボールに、アル・ドライーのGKがこの処理。

ボールはゆっくりと転がっており特別イレギュラーをしたようにも見えないのだが、謎のバックステップを踏みオウンゴールとなってしまった。

これには並走していた味方選手も目を反らすしかない…。年が明けてからまだ間もないが、現時点で最も悲痛なオウンゴールであったかもしれない。

試合はこのオウンゴールもあり、アル・ナスルが0-7で勝利している。