『Evening Standard』は「アーセナルのペア・メルテザッカーは、副キャプテンとしての行動やペトル・チェフの重要性について語った」と報じた。

今季プレミアリーグのタイトルを争える立場にいるアーセナル。2月にはサウサンプトン、レスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、そしてバルセロナとの対戦を控えており、シーズンの重要な時期を迎える。

チームの副キャプテンを務めているペア・メルテザッカーは、クラブの公式マガジンに対して以下のように語り、チェフの加入による影響についても話した。

ペア・メルテザッカー

「全てが上手く行っているときは、選手誰もにとって簡単な状況だ。リズムと勢いがある。早く回復でき、良いプレーが出来、自信も青天井だ。

成功を収められていないとき、難しい時間を経験しているときには、僕は経験を持ち込もうと試みる。多くのことを話し、良い練習をし、特定の状況で助けになろうとする。

誰もが自信を保ちたいものだ。上手く行っていないときには集中力を保たなければならない。誰もグループから離れてはいられず、自分自身のことを考えすぎないようにしなければならない。

そのような難しい状況にあるときには、誰もが口うるさくならなければならないし、上手くやれること、良い練習が出来ていることを確認するために、注意を行き届かさなければならない」

「(ペトル・チェフについて?)

彼は大きな経験を持ち込んでくれた。プレミアリーグを含む多くのタイトルを獲得してきた男だ。

状況に対処する方法、そして一貫性を保つ方法を理解している。タイトルを勝ち取る方法を知っている。その情報、アドバイス、そして見解は我々を強くしてくれる。

これは我々のスカッドにとってとても重要だと理解している。若くて優秀な選手にも、そしてまだ試合のことを学びたいベテランにも。

ペトルはとてもよく喋る。彼は話したがっている。それらの情報、今後数年にわたって勝ち続けられる状況を共有したがっている」