今週末に再開するブンデスリーガ。

前半戦を2位で終えたドルトムントは新年が明けてからカタールのドーハでミニキャンプを行った。

その後、ドイツへと戻り19日は最後のテストマッチとなるスパルタ・プラハ戦を戦ったのだが、チームのエースであるピエール・オーバメヤングが見事なゴールを決めた。

1-1で迎えた65分、マティアス・ギンターからパスを受け取り、ゴール前で素早く反転したオーバメヤング。

すると相手DFが対応できぬ間に左足を振り抜き、勝ち越しとなるゴールを決めた。

右足が利き足であるオーバメヤングにとって、左足は逆足。ボールを受けてからのフィニッシュまでの身のこなしも軽やかであり、ストライカーとしてのポテンシャルを見せつけるゴールだった。

試合は3-1でドルトムントが勝利。そんなドルトムントは週末、アウェイでボルシアMG戦を控えている。