『Evening Standard』は「オリンピック金メダリストのウサイン・ボルトは、ルイス・ファン・ハールのマンチェスター・ユナイテッドには行きたくないと話した」と報じた。

世界最速のスプリンターとして知られるウサイン・ボルトは、その一方でマンチェスター・ユナイテッドとフットボールの大ファンであることでも有名。

オリンピックで6つの金メダルを獲得してきた彼の大きな夢は、サッカー選手としてマンチェスター・ユナイテッドでプレーすることだという。

しかし、彼は今のクラブに誘われても行きたくないようだ。ジャマイカの年間スポーツアワードに出席したボルトは記者に対して以下のように話し、ルイス・ファン・ハールの指導は受けたくないと答えた。

ウサイン・ボルト

「(マンチェスター・ユナイテッドでプレーしたいという夢は?)

かなりいいことになると思うよ。なぜなら僕は調子がいいからね。スピードがあるし、ボールも上手く扱うことが出来る。全てのプレーを理解しているよ。

ただ、ルイス・ファン・ハール監督がやっていることを見ると、僕は彼に指導されたいとは決して思わないね。

したがって、我々が新しいコーチを手にするまで、それは一旦休止しておこうと思うよ」

2014年にマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したルイス・ファン・ハール氏は、今季に入ってから「試合の内容が退屈」として数々のレジェンドからも大きな批判を受けている。