今季、アーセナルから2部イプスウィッチへ貸し出されているFWエインズリー・メイトランド=ナイルズ。18歳のウィンガーはFAカップ3回戦ポーツマスとのリプレイで素晴らしいゴールを決めた。

ゴール前でボールを拾ったメイトランド=ナイルズは後方からのチェックにも耐えてボールをキープすると、ワンフェイクから左足を一閃!このシュートが完璧なコースに決まるゴラッソになった。

目の前には相手選手4人ほどが立ちはだかっていたが、一瞬のタイミングを逃さずその隙間を縫うシュートを叩き込んでみせた。

このゴールで1点差に迫ったイプスウィッチだが、4部のポーツマス相手に2-1で敗戦。格下相手に敗退となってしまったミック・マッカーシー監督は「今夜ポーツマスはまたいいプレーをした。勝利に値したよ」と相手を讃えていたそうだ。

最後にエインズリー・メイトランド=ナイルズについて触れておこう。彼は1997年にロンドンで生まれた18歳。6歳からアーセナル下部組織で育ってきたウィンガーで、両足を遜色なく使え両サイドでプレーできる選手だ。イングランドU-17~19の代表歴があり、今季は2部で23試合に出場している。