先日、スウォンジー・シティからニューカッスル・ユナイテッドへ移籍したMFジョンジョ・シェルヴィ。

ウェストハム戦で新天地デビューを果たすと、いきなり度肝を抜くロングフィードで得点の起点となるなど活躍。スティーヴ・マクラーレン監督もそのプレーを褒めちぎっていた。

そんななか、『whatculture』では「ニューカッスル史上最も最高のデビューを果たした10人」について伝えていたので紹介する。

10位 FWパピス・シセ(2012年2月5日vsアストン・ヴィラ)

10年も前のように感じられるが、シセが驚異的なインパクトをもたらしたのはまだ4年前のことだ。デンバ・バとアテム・ベナルファと3トップを形成し、すぐさま成功を収め、面白いようにゴールを決めた。そして、ニューカッスルはシーズンを5位でフィニッシュした。

レオン・ベストの負傷により前半14分に投入されたデビュー戦でシセはいきなりゴールを決めた。正直なところ人目を引く美しい試合ではなかったが、ホナス・グティエレスからのクロスを胸トラップし、左足でトップコーナーに叩き込んでみせた。その後の爆発を予感させる瞬間だった。

9位 MFシェイク・ティオテ(2010年9月18日vsエヴァートン)

2010年夏にトゥウェンテから350万ポンド(現レートで5.8億円)という適切な額で彼を獲得した際、ニューカッスルは掘り出し物を手に入れたように見えた。

ティオテは強く、相手にとって脅威であり、ボール扱いも冷静だった。その周りにはよりクリエイティブな選手がいて、彼は偉大なチームの基礎を形成できたはずだし、そうしなければならなかった。

それは、エヴァートンとのデビュー戦ですぐに明らかなものになった。ティオテはこの試合で64本のパスを通し、その成功率は100パーセントを記録。2つのインターセプトに加え、試みた5つのタックル全てを成功させた。唯一のシュートも枠内に飛ばし、1試合で3つの100%を成し遂げた。