北野誠体制が7年目を迎える、2016シーズンのカマタマーレ讃岐。これは現在のJリーグにおいて最長だ。

昨季は開幕7連敗を喫した一年前の失敗を繰り返さず、2勝3分2敗でスタート。中位に定着するとその後も堅守を武器に粘り強く戦い抜き、前季の21位から16位へと順位をアップ。33失点はV・ファーレン長崎と並ぶリーグ最少だった(ただし、30得点も最少)。

今オフ、昨季の主力ではDF沼田圭悟(大宮)、MF高橋祐治(京都からの期限付き移籍が終了)が退団。ただ、期限付き移籍だったMF仲間隼斗(熊本)を完全移籍で獲得したほか、FW馬場賢治(水戸)、MF西弘則(大分)、さらには191cmの長身FWミゲル(パルメイラスから期限付き移籍)などが加わっている。

Kamatamare Sanuki 2016 Athleta Home

カマタマーレ讃岐ユニフォーム

讃岐の2016シーズンに向けた新ユニフォーム、ホーム(1st)はクラブカラーである水色を基調にしたデザイン。 身頃には瀬戸内海の波を表現した地紋が入れられている。

カマタマーレ讃岐ユニフォーム

薄らと入れられた地紋。サプライヤーは3年目のAthletaだ。

カマタマーレ讃岐ユニフォーム

【次ページ】アウェイは青みがかった白!