皆さんこんにちは、駒場野です。

2016年最初のコラムは……本当は別のネタにしようと思っていたのですが(笑)、やはり緊急性の高いこれにしました。

日本サッカー協会(JFA)初である、オープンな形での会長選挙です。先日の木曜、1月21日に告示され、次の日曜の1月31日に投票が行われて、日本サッカーの新しい顔が決まります。

今回も2回に分け、(その1)ではまず二人の候補者の経歴や主張を、立候補資料や報道内容を引用しながらまとめ、選挙の論点を整理しようと思います。

……そして、今回も「敬称略」で書きますが……このテーマは結構重い上に、しかも田嶋さんと原さんを何度も呼び捨てにするのは辛い、辛すぎる(苦笑)。なので、今の私はまんじゅうが怖いです。あ、あとはお茶も怖い(笑)。

JFA会長選挙

≪24日に行われた朝日新聞でのシンポジウムの開会前の光景。左から2番目が田嶋、中央が原の席。一番左は司会の潮、一番右から大住、北澤≫

【次ページ】今回は選挙になったワケ