昨シーズンのJ1チャンピオンシップで決勝に進みながらも、サンフレッチェ広島に敗れ連覇はならなかったガンバ大阪。

来る2016シーズンに向けた新体制記者会見を行い、新ユニフォームが発表された。

ガンバ大阪ユニフォーム

新ホームモデル最大の特徴は、なんと言っても“透かし”のデザインとして「新スタジアム」のグラフィックが取り入れられていることだろう。

ガンバ大阪は2016シーズンから市立吹田スタジアムをホームとして使用する。それを記念し、新ユニフォームにはなんとそのスタジアムのデザインが描かれているのだ。(ユニフォームの詳細なデザインはこちら

サッカーファンの間でも話題を呼んだこのユニフォーム。ガンバ大阪は2月14日(日)に行われる新スタジアムのこけら落としマッチ「Panasonic Cup」でもこのユニフォームを着用する予定だ。

ガンバ大阪はすでにこの新ユニフォームの一般販売をスタートさせている。

しかし、21日(木)にオンラインショップで開始された「第1次販売」はあくまで数量限定(1000枚)であり、あっと言う間に完売。この後も「第2次販売」が続くのだが、配送予定時期は「2月28日まで」となっており、2月14日のこけら落としマッチに間に合う保証がないのだ。

公式サイト上で「新スタジアムでの2016シーズンを新ユニフォームでガンバブルーに染めよう!」としながらも、1次販売でわずか1000枚しかユニフォームを用意しなかったクラブ側には非難が集まった。

そしてガンバ大阪は翌22日(金)、「昨日20時より販売いたしました2016シーズンユニフォーム販売におきまして、ご迷惑をお掛けしておりまして、大変申し訳ございません」という声明を発表している。

そんなガンバ大阪の新ユニフォームだが、やはり「ヤフオク!」に出品されていたようだ。

そしてその中に、驚きの額で取引されているものがあった。

【次ページ】新ユニフォーム、なんと10万円以上で落札されていた…