MF アンドレス・ダレッサンドロ(現役)⇒2/10点(28試合/21個)

ポーツマス時代の2006年に決めたマラドーナのようなゴールを忘れることができるだろうか?

彼はウェストハムのトライアルを受ける2001年より前にすでに“NEXTマラドーナ”と評されていたが、そこではサインすることなくリーベルへ戻った。リーベルでは90試合で17ゴールを決めて、2003年にヴォルフスブルクへ移籍。

そこで60試合に出場した後、ポーツマスにローン加入することで結局はプレミアリーグに参戦することになった。その後、2007年にはサラゴサへ移ったが、インパクトは残せなかった。

そこからキャリアは下降線を辿り、2008年には母国へ復帰。そのポテンシャルをヨーロッパで最大限に昇華させられなかったもうひとりのタレントだ。

FW リオネル・メッシ(現役)⇒9/10点(105試合/98個)

もし2014年のW杯で優勝していれば、10点満点中10点だっただろうか?

メッシはマラドーナに最も近く、彼以上にいい選手かもしれない。クラブレベルではすでにマラドーナを凌駕しており、勝ち取れるタイトルは全て獲り尽くしている。4度のチャンピオンズリーグ制覇を含め26個のタイトル、そして5度のバロンドール受賞。

もうすぐ“NEXTマラドーナ”よりも“NEXTメッシ”を探すことになるのは間違いない。