日本でも大きな話題となった、リヴァプール監督ユルゲン・クロップの“メガネ事件”

先週末行われたノリッジ戦で劇的な勝利を収めたクロップ監督は、ゴール後に選手たちとともに喜びもみくちゃにされ、かけていたメガネが壊れてしまったのだ。

これにより、クロップ監督はメガネをかけることができず、裸眼のまま残りの試合を見ていたのだ。

後日、クロップ監督は新しいメガネをかけて記者会見に登場。会見場では「メガネを壊したベンテケは弁償するのか?」と尋ねられ、「もちろんしない」と答えている(詳細はこちら)。

そんなクロップ監督のメガネについて、意外な場所から反応があった。それがこちら。

こちらは、ブンデスリーガに所属するアウクスブルクのツイートである。

クロップ監督はアウクスブルクを率いていた経験がなく、現役時代もプレーしていたことはない。にもかかわらず、なぜ他クラブのTwitterがクロップ監督に反応したのだろう?

実はこのアウクスブルク、来月行われるUEFAヨーロッパリーグのラウンド32でリヴァプールと対戦する予定であるのだ。

ツイート内容は以下の通り。

「我々がUEFAヨーロッパリーグでリヴァプールと激突するまで、1ヵ月を切りました!クロップ監督たちのために、我々は準備ができています…」

こうツイートしたアウクスブルクは、何やらガラスの中に入れられたメガネの写真を添付した。

このガラスには「緊急事態の際には、ガラスを破ってください」と書いている。つまり、またクロップ監督がメガネを壊してしまった時のことを考え、このようなユーモアあるメッセージを送ったのだ!

アウクスブルクもリヴァプール戦を楽しみにしているのだろうか。いずれにしても、このユーモアは最高である。

ちなみに、アウクスブルクといえば以前にもTwitterでジェラール・ピケに向けメッセージを送りピケ用のユニフォームを作るなどTwitterアカウントがなかなかおもしろい試みをしていた。ナカの人がクリエイティブであるに違いない!