27日、『Daily Mail』は「スペイン代表監督を務めているビセンテ・デル・ボスケ氏は、イケル・カシージャスはサブの役割になってもEUROに行きたがっていると話した」と報じた。

昨年夏、長年過ごしてきたレアル・マドリーを追われるように去り、FCポルトへ移籍することになったイケル・カシージャス。

一時期と比べればミスが増加していること、そしてマンチェスター・ユナイテッドでダビド・デ・ヘアが活躍を続けていることで、代表での守護神交代も噂されている状況だ。

しかしビセンテ・デル・ボスケ監督は『AS』のインタビューで以下のように話し、カシージャスはお手本のような態度を見せており、全ての選手のお手本になっていると明かした。

ビセンテ・デル・ボスケ

「イケル・カシージャスはEURO2016に行きたがっている。例えそれがサブの役割であっても。それは、全てを獲得してきたアスリートの振る舞いである。

イケルはユニークな選手だ。非常に長い間代表チームの一員になっており、スポーツの歴史に生きている男だ。

彼は完璧なお手本なのだ。現時点のスペイン人選手にとってね。常に良い振る舞いをし、何年もの間成功を収めてきた」