『FourFourTwo』は「チェルシーのフース・ヒディンク監督は、ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトの獲得が間近になっていることを明かした」と報じた。

先日ロンドンを訪れていることが報じられたアレシャンドレ・パト。チェルシーへの入団は近いと言われており、多くの怪我を乗り越えたかつての若手が欧州に戻ってくる。

この件について質問を受けたフース・ヒディンク監督はパトの獲得が進んでいることを公に明かし(後に正式決定)、コリンチャンスからの期限付き移籍なのでギャンブルではないと話した。

フース・ヒディンク

「彼は今ロンドンにいるよ。良く見つけたね。現代は何も隠せないね。どこにでもカメラがあるから。

彼は書類の事務処理を終わらせるためのプロセスにある。我々は焦っていないんだ。すぐに処理できると考えているからね。そして彼はピッチに出ることが出来る。

彼は期待されているヤングスターであり、見ていて楽しいスタイリッシュな選手だ。数年間ミランでプレーし、その後欧州で大きなステップを踏めなかったけどね。

彼はブラジルに戻った。そして、今彼はヨーロッパでもう1つのチャンスを得た。イングランドでね。それは勇気のある一歩だ。

それは彼次第になるが、我々は彼がフィットできるよう助けるだろう。そしてこのクラブに何をもたらすことが出来るのかを見ていこう。これはギャンブルではないんだよ。

我々は彼をサポートするが、彼次第でもある。もし次のステップを踏む選手を買うならば、それはリスクにもなり得るが、期限付き移籍なら誰もにとっていい取り引きだ」

「(ジエゴ・コスタについて)

彼はこれまでの試合で何をやったのかは知らないが、私は彼のやっていることに満足している。私は彼のゴールの効率性に満足しているんだ。

我々は彼に依存している。時に少し過度になるくらいに。しかし、私は彼のパフォーマンスにも態度にも不満はない。

彼は我々のキーだ。ピッチの外でもコブハムでも、誰に対しても素晴らしい振る舞いをしているし、仕事に集中している。彼はとても重要だ。私は彼の態度にもリスペクトしている」