『Sky Italia』は「ローマでのデビュー戦で初ゴールを決めたイタリア代表FWステファン・エル・シャラウィは、ズラタン・イブラヒモヴィッチから学んだと話した」と報じた。

先日モナコとのローン契約が解除となり、改めてローマに貸し出されたエル・シャラウィ。30日に行われたフロジノーネ戦でデビューを果たすと、48分にバックヒールで鮮やかなゴール!

3-1の勝利に貢献したエル・シャラウィは以下のように話し、ミランで一緒だったズラタン・イブラヒモヴィッチから学んだと冗談交じりに答えた。

ステファン・エル・シャラウィ

「本当に満足しているし、良いスタートを切れたことも、チームが勝てたこともとても幸せだ。

僕は勢いを与えようとして、それが上手く行った。得点を決めたときの感覚、そして仲間に抱きしめられたときのことは忘れられないよ。

勝つことが出来て嬉しい。でも、我々は一貫性が必要だし、出来る限りポイントを取っていかないとね。

目標はともに勝利の道を歩むことだ。そして、我々はその弾みを付けることが出来る」

「(バックヒールはミラン時代に同僚だったズラタン・イブラヒモヴィッチみたいだったね?)

練習の中でいくつか学んだんだよ(笑) 

僕の問題は、試合の中で消えてしまうことがあるという点だったが、ローマのような中盤であれば、より流れに参加できるし、決定的なことが出来る。

僕は自分のフィットネスレベルを戻したいね。今は左足の向上にも取り組んでいる。

目標は、自分のキャリアのターニングポイントにすることだった。モナコでの数ヶ月は上手く行かなかったが、そこから立ち直って、分岐点に辿り着くためにここへ来た。

このチームで自分を表現できるチャンスを得られる。そう思っているよ」