14日のMLSスーパードラフトでトロントFCから1巡目指名された遠藤翼が、今年最初のプレシーズンマッチに先発出場しゴールを決めた。

現地時間30日、南カリフォルニアで行われたカリフォルニア大学アーバイン校との試合。

先発起用された遠藤は、

17分にチームの今年初ゴールとなる先制点を決めている。

「私は本当に何が起こったのか覚えていません」

「幸運なことにボールが私の足元に来たんです。さらにGKと1対1の状況でしたから、私はそれを決める必要がありました」

遠藤は前半のみの出場で、試合は2-2の引き分けに終わった。相手は大学生だったが、幸先の良いスタートとなったようだ。