先週末、エスパニョール相手に6-0と大勝したレアル・マドリー。

クリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを記録しカリム・ベンゼマが得点したことで、これで"BBC"は今季のリーグ戦で通産50ゴールを達成したことになった。

そんなこの試合ではゴールにこそ直結しなかったものの、こんなプレーがあった。

3-0で迎えた18分、ベンゼマが左サイドからカットインすると…

【「Youtubeで見る」からご覧ください】

右足のアウトサイドで中で待っていたイスコへとパス。

ボールはバウンドしてコントロールが難しかったはずだが、イスコはこれをジャンプしながらヒールで再びベンゼマに戻し、ここからシュート!しかし、これは惜しくもゴールマウスを外れゴールにはならなかった。

ベンゼマのパスも見事だが、やはり注目すべきはイスコのパスだろう。

ペナルティエリア内ということで当然この時周りには多くのエスパニョール選手がいたのだが、絶妙なタッチでベンゼマの足元にボールを収め、決定機を演出したのだった。