イタリア・セリエAのローマは、公式サイトで「ラジャ・ナインゴランのポスターをチャリティオークションに出品した」と発表した。

ローマは2014年に『Roma Cares』というグループを設立しており、これは持続可能な慈善活動を目標としている非営利団体である。

その活動の一環として、今回ローマのクリスマスディナーで壁に飾られていたラジャ・ナインゴランの大型ポスターが出品された。

ナインゴランと言えば、そのスペルから「ニンジャ」の愛称を持つことで知られる。これらのポスターはマイティ・ソー×デ・ロッシなど、映画と選手のコラボものになっていた。

ではナインゴランのポスターはどうなっていたのかと言えば、

こ、これはAVN/エイリアンvsニンジャとのコラボだ! 

2010年に千葉誠治監督によって撮影された海外向け日本映画であるが、元々の題材に満ちあふれているB級の雰囲気に雑な合成が相まって、なんというか、その……凄まじいB級具合である。

ちなみに材質はポリ塩化ビニルで、サイズは縦4メートル×幅1.6メートルというド迫力の大判だ。

オークションの有効期限は2月9日の日本時間午前2時。海外にも30ユーロ(3,958円)で配送してくれるとのことなので、日本からもちろん入札、落札が可能である。

ナインゴランの貴重なポスターが欲しいというロマニスタの鏡は、ローマのイタリア語版公式サイトをチェックだ